トレーナー紹介
1stヴァイオリン 2ndヴァイオリン ヴィオラ チェロ コントラバス
フルート クラリネット オーボエ ファゴット
トランペット トロンボーン ホルン パーカッション

トレーナー紹介

橋本徹雄

大阪音楽大学音楽学部卒業。
1976・77年、オーストリア、モーツァルテウム音楽院にて指揮法などを学び、ディプロマを習得。
毎回異なったテーマによるオーボエ・リサイタルシリーズも14回を数え、高い評価を得ている。
1988年、大阪府知事賞を受賞。日本オーボエ協会理事。ヤマハ・フィルハーモニック大阪の音楽監督。
大阪音楽大学・高松短期大学各講師。

向井和久

1984年、桐朋学園大学音楽学部卒業。
ホルンを安原正幸、M.ハックルマンの両氏に、室内楽を中川良平氏に師事。
大学卒業と同時に、神奈川フィルハーモニー管弦楽団に主席として入団。
1991年、大阪センチュリー交響楽団に移籍。現在大阪センチュリー交響楽団次席奏者。
相愛大学非常勤講師。

大谷史子

京都市立芸術大学音楽学部卒業。
在学中は岸邉百百雄氏に師事。その後ウィーン国立音楽大学において、E.メルクスのクラスで研鑽を積む。
在欧中はカペラ・アカデミア・ウィーン、ルモンド・クラシコ等の演奏活動に参加している。
また、バロック・ヴァイオリンをE.メルクスおよびS・スタンデイジの各氏に師事。
現在、日本テレマン協会のヴァイオリン奏者。

清水和人

大阪音楽大学器楽学科チェロ専攻卒業。
竹内良治、伊達三郎、井上頼豊の諸氏に師事。
在学中より大阪テレマンアンサンブル(現テレマンオーケストラ)の結成時より参加し、大阪カテドラルアンサンブル、アンサンブルアルカディア等、室内楽、教会音楽を中心に活躍。
京都市交響楽団えお経て宝塚歌劇団オーケストラに入団。1989年に宝塚歌劇団オーケストラメンバーを中心にアンサンブル・アイビーを結成、主宰者として各地で好評活動中。
タンゴバンド。アストロリコ七重奏団メンバーとしてスペインとウルグアイでの世界タンゴフェスティバル、プティバロックアンサンブル、アートムジカ合奏団等に所属。
ニューフィルハーモニック大阪トレーナー日本演奏連盟会員。

和歌山大学交響楽団